読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来世では…ハチミツください(・ω・)

PC・スマ−トフォンで楽しめるストラテジーカードゲーム『HearthStone』のコミュニティ 《ノズドルム祭祀場》(Nozdrmu Ritual Field)のWibサイト。※コミュニティ運営者・Gyossanのブログとコミュニティの報告の兼用サイトとなっております。

〜INTRODUCTION〜

PC・スマ−トフォンで楽しめるストラテジーカードゲーム『HearthStone』のコミュニティ《ノズドルム祭祀場》(Nozdrmu Ritual Field)のWebサイト
※コミュニティ運営者・Gyossanのブログとコミュニティの報告の兼用サイトとなっております。
※只今、サイト工事中です。


=ノズドルム祭祀場=
 レジェンドランクに到達したことがない人たちが「初レジェンド」を目指して情報交換や練習を行っているSkypeのコミュニティ。
Twitterでの情報収集や各種翻訳記事、戦歴の情報分析を活動にしています。
大会形式の練習や酒場の喧嘩で楽しむなど、各人がそれぞれ自分の楽しみ方でコミュニティを活用しています。
※現在、メンバー募集は行っておりません。

【コミュニティ報告2】秘策ハンターの勉強会資料

ハンター コミュニティ報告

 2016年10月30日(木曜日)にランク戦で猛威を奮っていた”秘策ハンター”に関する勉強会をした。今回の”秘策ハンター”は、やまっぽさんが使用したものでAsia最高105位まで登ったデッキ。

 

やまっぽ(Twitterアカウント:↓↓)

twitter.com

 

秘策ハンター勉強会

 

f:id:JINBEE:20161124060929p:plain 

(デッキレシピ)

 

カードの各種説明

《秘密の番人/Secretkeeper》
 秘策によって大きくなるミニオン。ミラーマッチにおいては、相手の秘策でも成長する。先出しして置くと有利になる。


《追跡術/Tracking》
 シークレットハンターのドロー枠。手札消費が激しいため、2枚採用。また、《バーンズ/Barnes》によるミニオンの選定に使用出来る。

 

《やさしいおばあちゃん/Kindly Grandmother》
 断末魔の要因。


☆秘策各種
《凍結の罠/Freezing Trap》
 →ミニオンを手札に戻し、テンポをとる。
《帽子から猫/Cat Trick
 →呪文から飛び出る4/2隠れ身。AoEをすり抜けてくることもある。
《爆発の罠/Explosive Trap》
 →横並びミニオンに対して
《狙撃/Snipe》
 →ヘルス4以下ミニオン対して有効。


《速射の一矢/Quick Shot》
 3点出せる呪文。手札がない場合には、有効なカードを引ける。


《イーグルホーン・ボウ/Eaglehorn Bow》
 秘策とコンボし、実質3マナ以上の動きをする武器。カードバリューを引き出していきたいカード。


《必殺の一矢/Deadly Shot》
 ランダムにミニオンを仕留める呪文。
 大型ミニオンを警戒した。ドルイドの《戦の古代樹/Ancient of War》に刺さる。《狩人の狙い/Hunter's Mark》も採用してみたが、テンポロスをするために不採用。
 ローグにも相性が良く、《隠蔽/Conceal》を使用されてもこの呪文は刺さる。リーサルを逃れる場面も。


《殺しの命令/Kill Command》
 3点として打てるが、獣がいると5点になって打てる。《やさしいおばあちゃん/Kindly Grandmother》や《帽子から猫/Cat Trick》等の獣とシナジーがある。


《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》
 相手がリーサルを決めて来そうな場合、残しておくと危険なミニオンが来たら処理をしっかりする。相手のライフが少なく、手札に火力があれば顔面を殴る。手札事故になった場合に、盤面のコントロールを行う場合もある。


※《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》+《爆発の罠/Explosive Trap》
 シークレットハンターと相性の悪いZOOへの対策。相手が手札を使い切って、並べてきた時などに一気に盤面を取れる。「ハンターにはAoEがない、盤面を取れば勝てる」というイメージがあるので、《バロン・ゲドン/Baron Geddon》を採用してみたが、このデッキには重く、向いていなかった。

 

《獣の相棒/Animal Companion》
(ハファー)相手のライフにプレッシャーを与える。
(ミーシャ)ミニオンを守る壁。
レオック単体だとハズレだが、《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》や《やさしいおばあちゃん/Kindly Grandmother》などを強化している。


《覆面の女ハンター/Cloaked Huntress》
 シークレットハンターの要。3マナ以上の動きをする。たくさんの種類の秘策を貼ることが出来たら、そのゲームで有利になれる


《バーンズ/Barnes》
 各種ミニオンシナジー。ハズレがこのデッキにいない。断末魔ミニオンや《炎の王ラグナロス/Ragnaros the Firelord》などのシステムミニオン


《サバンナ・ハイメイン/Savannah Highmane》
 断末魔を持つミニオン。相手の処理が難しいミニオンである。


《シルヴァナス・ウィンドランナー/Sylvanas Windrunner》
 断末魔を持つミニオン。《バーンズ/Barnes》から登場し、相手のミニオンを奪うことも。


《炎の王ラグナロス/Ragnaros the Firelord》
 8マナ域の強いミニオン

 

 

 

非採用となったカードについて

《蝕まれしオオカミ/Infested Wolf》
 他のカードのマナ域の競争具合。また、断末魔の蜘蛛1/1も除去が多い環境では頼りない。

 

《ハリソン・ジョーンズ/Harrison Jones》
 5マナは重い。

 

《ヘビの罠/Snake Trap》
 AoEが溢れる今の環境では弱いと考えた。

 

 

気になったマッチアップのマリガンについて

ミッドレンジシャーマン(55:45)

先攻:
1ターン目《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》《精霊の爪/Spirit Claws》
2ターン目《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》
→《秘密の番人/Secretkeeper》《凍結の罠/Freezing Trap》


後攻:
1ターン目《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》《精霊の爪/Spirit Claws》《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》
→《狙撃/Snipe》
 そのため、《凍結の罠/Freezing Trap》 or 《狙撃/Snipe》が刺さる。


 相手が1ターン目に何も出さずエンドした場合でも、コイン→秘策をいいかもしれない。スルーされても《炎の舌のトーテム/Flametongue Totem》や《マナの潮のトーテム/Mana Tide Totem》などのヘルス4以下のミニオンに刺さる。


《サンダー・ブラフの勇士/Thunder Bluff Valiant》などは《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》などで、ヘルスを調整して倒すことも。

 

テンポメイジ

 テンポメイジの場合は、《狙撃/Snipe》《凍結の罠/Freezing Trap》は流すことが多い。手札に《秘密の番人/Secretkeeper》《覆面の女ハンター/Cloaked Huntress》秘策などがあったら、キープする。

 《イーグルホーン・ボウ/Eaglehorn Bow》などもキープすることが多い。ヘルス3以下のミニオンを除去出来ることが多いから。
 ウォーターエレメンタルなどのヘルスの高いミニオンは、《必殺の一矢/Deadly Shot》で除去している。

 

 

 

 【コミュニティ考察】

 この時の勉強会では、どちらかと言えば”ミッドレンジ型”の秘策ハンターの検討が行われていました。現在は”フェイス型”の秘策ハンターが主流のようですね。

f:id:JINBEE:20161124101229j:plain

 勉強会の際は、こちらのデッキレシピも検討を行いました。

 

 各種ガイド記事や考察も増え、面白いですね!

 新環境後は、ハンターは強そうなカードがたくさんありますが、どのように環境が変化してくのか、楽しみですね(^^)

 

【コミュニティ報告1】Midrenge Shaman Mirror(翻訳記事)

シャーマン コミュニティ報告

 コミュニティメンバーのyumoさんがこちらの記事を翻訳しましたので、報告させて頂きます。

 yumoさん(Twitterアカウント↓↓

twitter.com

 

 

=翻訳した元の記事=

The Midrange Shaman Mirror

www.vicioussyndicate.com

 

 

 =翻訳内容=

ミッドレンジシャーマンミラー
AOEの効果を最大限引き出す方法

 

 あなたは最近ラダーでミッドレンジシャーマンと対戦しましたか?この質問にほとんどの人が「はい」と答えるでしょう。


 ミッドレンジシャーマンは、ランク戦全体の約1/4から1/3を占めており、そのようなランク戦の状況の中でもメタゲームの中心に位置し、55%の勝率を出しています。


 ミッドレンジシャーマンは何でもできます。序盤・中盤・終盤いずれにおいても優秀なミニオンを他デッキより低いコストで展開でき、単体除去もでき、カードアドバンテージもとれ、さらにはAOEも打てます。このモンスターを倒すベストな方法とは何でしょう?


 方法1【勇気をもってフリーズメイジを使う。ウォリアーなど不利マッチがないことを祈る。】
 方法2【ミッドレンジシャーマンと五分で戦えるデッキを使い、そしてプレイングを磨く】
 方法3【ミッドレンジシャーマンのミラーマッチで勝つ方法を学ぶ】


 もし、今シーズンでレジェンドになりたければ、3つ目の選択肢が一番簡単でしょう。ミッドレンジシャーマンのミラーマッチで大きく有利になる方法は明確にあるのです。

 

キークエスション
-環境最強デッキのミラーマッチで鋭いプレイをどうやってするのか?

 何度もミッドレンジシャーマンミラーを戦って、AOEのバリューを最大限引き出すことがミラーを制するカギだと感じていました。膨大な数のミラーマッチを分析して、とても面白いデータを見つけました。

 

 

 

まずはデータの簡単な注意から

 何はさて置き、これから書くことは絶対的なことではないし、データは全体として、特定の視点で分析されていることに注意して下さい。私たちは、特定のカードをプレイするターン数のみに着目して結果を分析しています。カードがプレイされなかった場合や試合展開、デッキリスト、プレイヤーの技術の差は無視しています。

 私たちが示したのは傾向、つまりあるカードをあるターンで使うと一般的にどうなるのか、ということです。さらには、プレイヤー達は彼らの中で最善と思われるプレイをするという前提に立っています。膨大なデータに基づいた結論が絶対に正しいとは限りません。優れたプレイヤーは、常識からは考えられない方法や次善の策によって劣勢から勝利することが出来ます。

 

 

 

《ライトニングストーム/Lightning Storm》

f:id:JINBEE:20161123214446p:plain 

f:id:JINBEE:20161123214538p:plain f:id:JINBEE:20161123214629p:plain

 上のグラフと表は、《ライトニングストーム/Lightning Storm》をプレイしたターン数と勝率、ターン数ごとの試合数を表しています。15ターン以降にストームを打った試合数は100未満だったので、ターン数15として考えています。(これは、次の《メイルシュトロームのポータル/Maelstrom Portal》でも同様です。)


 驚くべきことに、勝率の直線は右上がりになっています。最も勝率が低い場合と高い場合の差は、なんと33%もあります。8ターンより前までは勝率は50%を切っていますが、それ以降はターンを重ねるごとに勝率が上がっていきます。もしあなたが、8ターン目と言えば《サンダー・ブラフの勇士/Thunder Bluff Valiant》が出た後のターンでAOEのボードクリアが効果的だと考えたのなら、その通りです。8ターンの前後で勝率を求めると次のことがわかります。

 

  1. 8ターンより前にライトニングストームを打ったときの勝率は40.9%
  2. 8ターン以降にライトニングストームを打ったときの勝率は57.7%

  3. 10ターン以降にライトニングストームを打ったときの勝率は61.5%

 《ライトニングストーム/Lightning Storm》を8ターン目より前に打つか後に打つかで勝率は17%も違います。もし、10ターン目まで《ライトニングストーム/Lightning Storm》を打たずに済ませられれば勝率は21%も上がります。

 

 この情報は、私たちに何を伝えているのでしょうか?


 その明確な答えは、「出来る限りライトニングストームを温存しなさい」 ということです。早期のテンポやアドバンテージのために《ライトニングストーム/Lightning Storm》を打つと、オーバーロードで中盤の動きが悪くなり、相手がAOEを温存できるようになってしまいます。逆に、相手に早めに《ライトニングストーム/Lightning Storm》を打たせれば、勝利を引き寄せることが出来るということです。

 

 前述したデータに関する注意を思い出してみて下さい。
 ストームを早く打って勝った試合もあるでしょう。ストームを温存したために負けることもあり得るということです。もう一度言いますが、これは平均の話であって、絶対的な話ではありません。データの数が少ないですが、15ターン目以降は勝率が下がる傾向にあります。 (勝率が50%を切ることはないです。)

 

 ほぼ0マナになる5/5挑発で中盤を耐えられ、乱雑な盤面をクリアすることも出来るため、ミッドレンジシャーマンは序盤に焦ってプレッシャーをかける必要がありません。しかし、ミッドレンジシャーマンが負けるパターンとして、早々にライフを削れる場合があります。 オーバーロードのカードは強力ですが、自分の動きを制限され相手からの脅威に対処できなくなることもあります。ミラーマッチでは、《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》《炎の舌のトーテム/Flametongue Totem》《野獣の精霊/Feral Spirit》がプレイされ、5ターン目までに大きくライフを削られることがあります。
 もし、あなたがそのように序盤から積極的に攻めて相手に早く《ライトニングストーム/Lightning Storm》を打たせることができ、その後のフォローも出来るのであれば、それは勝利につながるでしょう。

 

 相手に《ライトニングストーム/Lightning Storm》を打たれたとき、再展開や早期に試合を決める方法(《血の渇き/Bloodlust》など)がなければ、バリューを意識した戦略に変える必要があるでしょう。どうしても打たなければいけないとき以外に、《ライトニングストーム/Lightning Storm》を積極的に攻める道具として使ってはいけません。オーバーロードがついているときに盤面を補充のは良いことですが、2体の挑発を倒したりライフを下げたりするために《ライトニングストーム/Lightning Storm》を使うことはダメです。盤面をクリアーし、状況を五分に戻せるときに使いましょう。


 序盤から攻められるカードがあるのなら使っていきましょう。

 

 

 

《メイルシュトロームのポータル/Maelstrom Portal

f:id:JINBEE:20161123220022p:plain

f:id:JINBEE:20161123220040p:plain  f:id:JINBEE:20161123220116p:plain

 同様に調べましたが、結果は大きく異なりました。勝率の差は最大で19%で、依然として大きいですが、勝率の差はとても小さいです。

 

  1. 8ターン目より前にポータルを打ったときの勝率は49.9%
  2. 8ターン目以降にポータルを打ったときの勝率は55.3%
  3. 4ターン目から7ターン目の間にポータルを打ったときの勝率は50.9%
  4. 8ターン目から10ターン目の間にポータルを打ったときの勝率は54.7%
  5. 10ターン目より後にポータルを打ったときの勝率は56.7%

 これらの勝率をみてみると、差はとても小さく、約5%ほどしかありません。2ターン目,3ターン目に打った場合を無視すれば、中盤のキーポイントである4-7ターンと終盤のキーポイントである8-10ターンの差は4%だけです。このカードはかなり柔軟であり、積極的に使うことも悪くないでしょう。特に、相手のボードクリアを誘う餌として有効です。


 勝率は3ターン目から4ターン目の上昇が6%と一番高く、レイトゲームで大きく変化するまでは徐々に上がっていきます。《サンダー・ブラフの勇士/Thunder Bluff Valiant》と《ライトニングストーム/Lightning Storm》が守備的に戦況を変えるように、呪文ダメージトーテムとポータルが4ターン目に攻撃的に戦況を変えます。オーバーロードがないため早いターンに打っても問題ありません。

 

※注意 
 約75%のミラーマッチでポータルは4-9ターンの間にプレイされました。それ以外の片方あるいは両方のプレイヤーがゆっくりと試合を展開するようなレイトゲームでは、ポータルのバリューがかなり高まり、3枚目のライトニングストームのように機能していました。(このことについては後述します)


 中盤に《メイルシュトロームのポータル/Maelstrom Portal》で複数のミニオンを倒せるようなおいしい状況がくれば、かなり有利でしょう。特に6ターン目の《ライトニングストーム/Lightning Storm》を誘うことができれば、7ターン目の《サンダー・ブラフの勇士/Thunder Bluff Valiant》を阻止し、あなたにもう一度盤面をとり直すチャンスが生まれます。《メイルシュトロームのポータル/Maelstrom Portal》を必要以上に温存したり、打つ状況を欲張らないで下さい。もし盤面をコントロールし続けられるようならそうして下さい。しかし、《メイルシュトロームのポータル/Maelstrom Portal》を打つタイミングを逃さないようにして下さい。

 

 

この情報をもとに何が出来るのか?

 まず、デッキ構築に活かすことができます。コンクエストのトーナメントやレジェンド上位のデッキリストでストームが1枚のものを見ることがあるでしょう。でも、あなたがラダーをまわすのなら、その罠に引っかからないで下さい。ミッドレンジシャーマン(他にはzooなども)と当たらない強運を持っていない限りは、《ライトニングストーム/Lightning Storm》と《メイルシュトロームのポータル/Maelstrom Portal》は2枚ずつ積む必要があります。実際、《コボルトの地霊術師/Kobold Geomancer》を含むようなラダー向けのリストを使って、もし確定して3点のポータルを打てるようであれば、相手より優位に立つことができるだろうし、《ライトニングストーム/Lightning Storm》をより効果的に打てる場面まで温存できます。


 プレイにおいては、除去の活用方法とプレイ指針を得ました。一般的にはボードコントロールに最大限注意するが、《精霊の爪/Spirit Claws》でトレードができなくなるまでライフ管理を怠ってはいけません。ゲーム展開にもよりますが、たいてい残ライフ15-20あたりからライフ管理を始めなければいけません。たいていは、ボードをコントロールし、有利トレードを考えるでしょう。ボードクリアをする際には、本当にカードアドバンテージを得られるか確かめましょう。基本トーテムや《マナの潮のトーテム/Mana Tide Totem》を除去するだけにならないようにしましょう。


 当然のことながら、相手もこの記事を読み、ミラーマッチや除去を誘う最善の方法を理解しているでしょう。《ライトニングストーム/Lightning Storm》をウォリアーの《乱闘/Brawl》のように考えましょう。乱闘は、理想的な使い方・使われ方において《ライトニングストーム/Lightning Storm》ととても似ています。
 《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》→ヒーローパワー→《野獣の精霊/Feral Spirit》の流れのように軽いカードで積極的にプレッシャーを与えられる状況なら、相手にAOEを切らせることができるでしょう。3はマジックナンバーです。それは、中盤に展開されるミニオンの理想ヘルスです。ヘルス2はAOEによって簡単に処理されてしまいますが、ヘルス3を処理することは難しいのです。

 

【コミュニティ考察】

 ZOO側から見たミッドレンジシャーマンに対するテンポプラン・バリュープランについては、ceuさんが以下の記事で考察をしております。

ceu4569hearthstone.hatenadiary.jp

 

 ミッドレンジシャーマンの一つの強みとして、マリガンの状態や対戦相手によって、テンポプランとバリュープランの選択が出来ることを挙げることが出来ます。

 後攻1ターン目のコイン→《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》は強い。もちろん、先攻2ターン目の《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》も環境屈指の強さを持っています。対戦によっては、そういったテンポプランによって確実に倒されてしまうでしょう。

 もちろん、《精霊の爪/Spirit Claws》から最大9点出させるプレイも強さの根幹になっています。《血の渇き/Bloodlust》によって生み出されるミニオンが並んだ状態でのバーストダメージもゲームを終わらせる要因になります。

 

 そういったテンポプレイ・バシュープレイを支える《ライトニングストーム/Lightning Storm》や《メイルシュトロームのポータル/Maelstrom Portal》に関する記事でした。

 

 ミラーマッチでは、どこでこれらのカードを使用するのか?また、バリューを生み出されないようにするにはどうするべきなのか?

 悩ましいプレイの問題となりますが…こういった統計記事は一つの指針となり得る貴重なものではないかと思います。

 

 新拡張まであと少しですが…残りの期間でミラーマッチの勝率を上げていきたいですね(^^)

【挨拶】お引っ越しの工事中…

f:id:JINBEE:20161123183416j:plain

 皆様、こんばんわ!

 こちらのブログは…HearthStoneを楽しむGyossanが運営する『来世ではハチミツください(・ω・)』を”seesaaブログ”から"はてなブログ”へ引っ越ししてきたサイトです。

 

 まだ、工事中でございます(;^ω^)完成まで少々お待ちください。

 

 前ブログは、ストラテジーカードゲーム『HearthStone』にはまってしまったGyossanのブログとなっていました。初レジェンドに到達したあとに、色々な気持ちを書いておりました。

 

 その後、Twitterで知り合いになりましたceuさんという方と一緒に、SkypeのHearthStoneコミュニティ《ノズドルム祭祀場》を立ち上げ、さらに数多くの方々と交流することが出来ています。

 

 現在、コミュニティは10人前後なのですが、個性豊かなメンバーと共に様々なデッキの考察やプレイの検討を重ねることも多くなり、「いっそのこと、ノズドルム祭祀場の研究報告や自分のブログを合わせてしまえば面白いかもしれない!!」と感じて、はてなブログへお引っ越しをしてきました。

 

 初レジェを目指すメンバーと一緒に自分も2回目のレジェンドを目指している最中です。そんな毎日の交流の中で、海外記事の翻訳やデッキガイドなど情報交換も盛んに行われています。

 そういった研究成果を、これから書いていけたらと思っています。

 

 当たり前ですが、我々はレジェンドランクにたどり着くことを目標としている集団です。レベルも考えていることも、プレイ自体も未熟なことが多いかもしれません。

 しかしながら、HearthStoneを楽しみつつ…身の丈にあった情報をこの場所で発表出来たら面白いかなと考えています(^^)

 

 当面は、前のブログにあったデータや今までの活動報告のまとめとなりますが…なにか皆様が興味を持てる楽しいことを出来たら…そんな気持ちで頑張ってまいります。

 

 よろしくお願い致しますm(_ _)m

 

 

【コミュニティ紹介】What's "Nozdormu Ritual Field"??

f:id:JINBEE:20161123183416j:plain

May I introduce "Nozdormu Ritual Field"?

 『ノズドルム祭祀場(Nozdormu Ritual Field)』は、ストラテジーカードゲーム『HearthStone』のSkypeのコミュニティです。チームという形ではなく、それぞれが個人のやり方でHearthStoneの情報共有や練習を行う場として2016年10月23日に発足しました。

 

 週1回の集合日を決めて、それ以外は自分の自由な時間にSkype通話をして楽しむコミュニティです。

 ランク戦の情報集めやデッキレシピの検討、様々な情報サイトの共有、また、大会の練習や普段の遊び相手の募集に使用されています。Skype通話をしながら、みんなでワイワイガヤガヤと『HearthStone』を楽しんでいます。

 観戦して、感想戦をしたり、ふざけあったり…年齢は様々ですが、「楽しむ」を目的に遊び場にしています。

 

 基本的には、レジェンドランクに到達したことがない人たちが「初レジェンド」を目指して頑張っているコミュニティです。 到達するまでに時間がかかる”レジェンドランク”…励ましあったり、有益な情報を共有しながら、日々ランク戦で戦っています。

 

 もしかしたら、ふざけて、遊んでいることがほとんどかも?(・∀・)

 

 

 

Who proposed this plan?

【Gyossan】

 発起人その1。このサイトの管理者でもあります。

好きなミニオン:《伝令するものヴォラズィ/Herald Volazj》

twitter.com

 

【ceu】

 発起人その2。ブログも書いているので、そちらにもどうぞ(^^)

好きなミニオン:《ダークシャイアの司書/Darkshire Librarian》

twitter.com

↓↓ceuさんのブログ「海の巨人のつどい」↓↓

ceu4569hearthstone.hatenadiary.jp

 

 

 

Why is ”Nozdormu”?

 第1回のコミュニティの集まりで、みんなで交流を兼ねて対戦した時のこと…

 Gyossanが使用した《ノズドルム/Nozdormu》入りのウォーロックが不発し、みんなで笑いあったことがきっかけ。《ノズドルム/Nozdormu》+《ラファームの呪い/Curse of Rafaam》でハメ技をしたかったのだが、すでにバグは修正されていた…

 

 その後、ceuさんの提案で「祭祀場」(神様を崇める場所)という言葉がなんだか言葉的にぴったりだったので、2つを合わせて現在の名前に。

 

 《ノズドルム/Nozdormu》の効果のように、レジェンド到達までの時間を短縮出来るようにという願いも込められている。

 

 コミュニティの合言葉は…

Don't think, Feel!!(ごちゃごちゃ考えずに感じろ!)

 ノズドルムは待ってくれない。考えない…考えない…感じる!勝利に!

 

 

 

 

【ブログ記事】(S30)アグロシャーマン

シャーマン

 先月(9月)に初レジェンドに到達することが出来ました。

 

 ランク5から『アグロシャーマン』を使用して、回数を重ねることでなんとか滑り込んだ形です。フレンドさんからも観戦・アドバイスを頂いて、アジアサーバーのシーズンが終わるギリギリになんとか滑り込みました。

 

 「今月は絶対にレジェンドになってやる!」と意気込んでいたので、とても嬉しいです。フレンドさんたちが次々にレジェンドに到達して行く中、焦る気持ちもありました。ただ、Twitterやフレンドさんの温かい励ましやアドバイスがなければ、絶対に到達出来なかったと思います。本当にありがとうございました。

 そんなアグロシャーマンの闘い方やカードについてのメモ書きです。

 

 

 

【アグロシャーマン】

 先月は、ランク5までトークンドルイドとマリゴスドルイドでランク戦を闘っていました。どちらもティアー1になるほどのデッキパワーを持ったデッキで、ランク戦でのミラーマッチも多かったです。2週間ほどでランク5に到達しましたが、それ以降はランク5-6を往復するばかりで勝率も下がってしまいました。

 

 自分自身のデッキの理解度が足りないこともあったのですが、苦手とするシャーマンが多かったこともその原因の一つでした。「どうしようか?」と悩んでいた時に、ハースストーンの攻略ブログを執筆されている方に「アグロシャーマンで上振れを期待するといいかも」とアドバイスを受けました。

 "アグロデッキ"は、MTGの頃から苦手で、敬遠しがちだったのですが…この機会に苦手をなくそうと思って、「アグロシャーマン」でランク戦を戦ってみることにしました。まぁ…何よりアドバイスをくださった方がとても好きだったということもあります(^^) …という訳で、ランク5からアグロシャーマンを使い続け、なんとか時間ギリギリにレジェンドに到達することが出来ました。

 

[デッキリスト・戦歴]

スクリーンショット 2016-10-01 00.28.05.png

デッキリスト

 

スクリーンショット 2016-10-01 00.31.25.png

(戦歴)

 デッキのレシピは…日本選手権を優勝された"GundamFlame"さんのレシピのコピーです。※10月3日に実装のナーフ前のレシピ。また、《メイルシュトロームのポータル/Maelstrom Portal》2枚→《ライトニングストーム/Lightning Storm》1枚へ入れ替えています。

 

 メタゲームが移り変わる中で、最も最近のアグロシャーマンのレシピを採用しました。ミラーマッチにおいても強そうだったことも採用のポイントです。GundamFlameさんはアジア選手権にて「《祖霊の知識/Ancestral Knowledge》1枚」→「《サー・フィンレー・マルグルトン/Sir Finley Mrrgglton》1枚」に変更されていましたが、自分は最後までこのレシピで回しました。

 

 《サー・フィンレー・マルグルトン/Sir Finley Mrrgglton》のヒーローパワーの変更が使いこなせない気もしたので^^;

 

 

 戦歴を見ると…ミラーマッチでは強さを発揮してくれたと思います。ただ、ローグとハンター戦の勝率が悪かったため、このように時間がかかってしまったのだと思います。特にハンターにおいては流行した「秘策ハンター」に対して勝ち星が少なかったのが痛手です  ランク線の後半は苦手とするミッドレンジシャーマンやコントロールウォーリアにも勝てるようになったので、それがレジェンドにつながったと思います。 

 HearthStoneの強い方々は、アグロシャーマンを使用して、ランク5から70戦ほどでレジェンドへ到達しているので、自分の勝率や扱い方が下手だったことを表していますね。 200戦も強い方々はいらない(-_-;)

 

[基本戦略]

 アグロシャーマンの使い方については…『Heath Gamers』さんに掲載されているArusuプロの記事を参考しました。

主な勝ち筋は3つ。

(1)ミニオンで盤面の有利をとって、ドゥームハンマーで潰す。

(2)ドゥームハンマーで有利な盤面を作り出し、ミニオンでライフを削る。

(3)呪文で相手を焼き切る。

 この3つの勝ち筋を対戦相手によってイメージしながら、対戦をしていきました。勝ち方は組み合わせになりますが、《ドゥームハンマー/Doomhammer》で「ミニオン or 顔面」というはとてもポイントになることだと思います。

 《岩穿ちの武器/Rockbiter Weapon》と《ドゥームハンマー/Doomhammer》の組み合わせで10点削ることが可能ですが、盤面が有利になるのであれば、自軍の武器やミニオンのクロック数を計算しながら、ゲームが早く終るプランを採用していきました。

 (3)の勝ち筋については、現在の主流の《精霊の爪/Spirit Claws》を採用した形でも出来るやり方です。”呪文トーテム”や《ブラッドメイジ・サルノス/Bloodmage Thalnos》があれば、《ライトニングボルト/Lightning Bolt》と《溶岩爆発/Lava Burst》の2枚で10点を相手に叩き込むことが出来ます。

 

 

 相手のライフを0にしたほうが勝ちになるのですから、アグロデッキということで最初のマリガンから10枚程度の山札を考えて、15枚ほどでライフを削り切ることを意識しました。長期戦では勝ち目がないことが多いので、「トップデッキしたら…」「次にこれを引いたら…」「次のターンの動き…」を意識すると闘いやすくなりました。

 

 自分が思うアグロ~ミッドシャーマンのデッキ立ち位置って、

①アグロシャーマン(全体除去なし、トーテムシナジーなし、”ドゥームハンマー”2枚)

②アグロシャーマン(”精霊の爪”を採用、トーテムシナジーは若干、"ドゥームハンマー"1枚 or なし)

③ハイブリッドシャーマン(”ドゥームハンマー”1枚 or 2枚、"マナ潮のトーテム"?) ④ミッドレンジシャーマン(精霊の爪 2枚、”サンダーブラフの勇士”や”血の渇き”)

 という形だと思うのですが、このデッキは①と②の中間あたりの位置だと思います。ハイブリッドシャーマンとの境が難しいですね。現在はハイブリッドシャーマンも②に位置づけられるのかもしれません。

 「精霊の爪」の採用については、現在も考察が続けられる最中ですが…1枚あるとミラーマッチやZOO相手に役立つ気がしています。

 

 

[個別カードのメモ書き]

ミニオン

《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》

 序盤のエース。1ターン目に出てきて相手にプレッシャーを与える。除去されなければ、パワー5~7に育つこともある。中盤では有利トレードも出来るので、ライフと盤面どちらを取るか考えつつ、使用する。

 

 

《アージェントの従騎士/Argent Squire》

 1ターン目に出て来る"聖なる盾"持ち。ライフを削るというよりは、岩穿ちや炎の舌のトーテムを利用して有利トレードをする。稀にポータルから登場する。配置に気をつけて使用する。

 

《鬼軍曹/Abusive Sergeant》

 ナーフされてしまったバフミニオン。2/1というスタッツは死にやすいが、どうしてもミニオンがない場合は2/1でも1ターン目に出す。ZOO相手だと炎のインプとトレードすることもある。バフはライフを削るときにもトレードする時にも便利。

※10月3日のナーフによって、現在は1/1のスタッツに。

 

《ブラッドメイジ・サルノス/Bloodmage Thalnos》

 《精霊の爪/Spirit Claws》を採用するデッキでは、爪を大きくしたり、除去に対してダメージの上乗せに使用出来る。呪文を多発するなら、呪文ダメージ+1はかなり重要。死ぬと1枚カードを引ける。呪文ダメージが出さなくてもいい相手の場合は、デッキをサイクルして有効なカードを引き込むことに使用。

 

《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》

 シャーマン最強のミニオンだと思う。2マナで出てきて、相手は倒すために1手ではなかなか倒せない。マリガンの最重要項目かもしれない。どんなデッキに対しても強い。長引くほど弱くなるので、過信しない。使用する時は、「3ターン目にどうしたいか?」「コインで出す場合は次にどうするのか?」をしっかり考えてから登場させる。単純に強いがオーバーロードのケアもしっかりする。

 

《炎の舌のトーテム/Flametongue Totem》

 ダメージを上乗せさせるトーテム。タスカーから登場することも。今は出てこない。配置をしっかり考えてから出す。「有利トレードするのか?」「ライフを削るのか?」基本左に配置して、ヒーローパワーからのトーテムで相手のミニオンを薙ぎ払うことも可能。

 

《タスカーのトーテム師/Tuskarr Totemic》

 数々のヘイトを産んだナーフされたミニオン。配置に気をつけて使用する。出現するトーテムの3/7は当たりだけれど、呪文トーテムがほしい場合もある時は使用しない方がよかった。ナーフされたのでは、今ではヒロパトーテムしか出ない。3/2というスタッツも役立つミニオン

 

《炎まとう無貌のもの/Flamewreathed Faceless》

 4マナ7/7。強いがオーバーロードが2あるので、次の展開を考えてプレイする。ドルイド相手ではマリガンで残していた。除去が弱い相手、また、相手のリソースを削れそうな場合は出してしまう。除去されければ勝ち。除去されても1手で除去されないようにして、仕事をしてもらう。

 

《地底よりのもの/Thing from Below》

 トーテムが出る度にマナ・コストが下がるミニオン。炎をまとう無貌のものを通したい場合は、先出しする。防除面が強いので、相手を1手遅らせる場面では強い。ハンターやミラーマッチでは活躍した。

 

=呪文=

《ライトニングボルト/Lightning Bolt

 1マナ3点、オーバーロード1。呪文トーテムがあると4点。4点で除去出来るミニオンも多い。相手のライフを削るときも強い。《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》が大きくなるので、除去しながら、トログを大きく出来ると同時に相手のライフも削れる。気軽に使えるがオーバーロードを見越して使わないときつい時がある。

 

《岩穿ちの武器/Rockbiter Weapon》

 《ドゥームハンマー/Doomhammer》との組み合わせで10点。デッキの残り枚数から、対戦相手によって考えながら使用する。ナーフされた後も使えそう。相手のライフと自分の盤面を考慮しながら使うので、悩む場面が多かった。

※10月3日のナーフにて、1マナ→2マナに

 

 

《祖霊の知識/Ancestral Knowledge》

 トログが大きくなる。手札切れの時にさらに2枚使用出来る。2枚は大きい。人によって採用は分かれると思うが、自分は好きなカード(^^)

 

 

《溶岩爆発/Lava Burst》

 5点ダメージは強い。2枚連続で打てればウォリコンにも勝てる可能性を上げるスペル。実質5マナなので、ミニオンに打つ場合はそれ以上のコストを持つミニオンに打ちたい。例外はトログの成長具合を考慮した時、クロック数が上がる場合で除去が乏しい相手なら、ミニオンに打つ。今の5点より次のダメージが大きい場合もあるから、そこを考慮する。

 

《野獣の精霊/Feral Spirit》

 アグロシャーマンを回し始めた時に使い方を間違っていたスペル。盤面が有利の時、除去が乏しい相手以外には活躍しない。トログ→コイン→野獣の精霊は強いけれど、盤面がどうなるかで使用感が異なる。どんなときでも強い呪文ではない。組み合わせを一番考えるスペル。

 

《メイルシュトロームのポータル/Maelstrom Portal》 or 《ライトニングストーム/Lightning Storm》

 全体除去だけれど使用の意味合いが全然違うスペル。ポータルは互角の盤面を微有利に、ストームは互角の盤面を有利に。ポータルは気軽に打てるから、補助呪文という意識。ストームは相手の盤面をひっくり返す、自分を確実に有利にする必殺技のような感覚。  ミラーマッチが多い場合は、ライトニングストームの方が活躍する。同じ目的のスペルとしては考えない。

 

 

=武器=

《精霊の爪/Spirit Claws》

 1マナで9点出せるかもしれない武器。3回攻撃出来るのは強い。体感では平均5点ほど。《ストームフォージド・アックス/Stormforged Axe》と差し替えて使用したことも。出せる打点は違うが、アックスでも事足りるこもあった。今回のアグロシャーマンに関しては名脇役(^^;)

 

《ドゥームハンマー/Doomhammer》

 16点ダメージを相手に与える武器。《ハリソン・ジョーンズ/Harrison Jones》によく博物館入りされる。ミニオンを潰せることが出来てば、有利になることもあるので、ライフと相談して…そこをしっかりと考えながら使用する。岩穿ちを使用する場合は10点をしっかり顔面に叩き込みたい。

 

[所感]

◆相手によって1マナの初動を考える

 1マナで使用出来るカードは数多くデッキに投入されているけれど、相手によって有効な1マナの動きが違う。1マナ・カードをしっかり理解して、相手に合わせて使用する。

 

◆トップデッキに頼ることも必要

 相手のライフによっては、”次に引くカード”で決着することもしばしば。キープする時とトップデッキに賭ける時としっかりと見極める。

 

◆打点を常に意識する

 常に手札の火力、盤面にあるミニオンや武器から出る打点を計算しながら、闘う。アグロは脳筋と言われてしまうけれど、常に計算するために頭をフル回転させる。

 

 

[マッチアップのメモ書き]

☆ハンター

スクリーンショット 2016-10-05 15.29.20.png 《ミッドレンジハンター》4ターン目から強い
《ハイブリッドハンター》こちらと同じように小型ミニオンを展開してくる。
《秘策ハンター》「秘策を判別しながら、闘うから面倒くさい。

 《秘策ハンター》はカラザン導入後、《覆面の女ハンター/Cloaked Huntress》入ったデッキで日が浅いため、対戦経験が乏しく勝率が少し下がってしまったと思います。上手な人なら、有利なマッチアップなような気がしています。

 1ターン目に《炎魔コウモリ/Fiery Bat》を出してくるのは共通。

 ハイブリッドなら《アージェントの従騎士/Argent Squire》、秘策ハンターなら《秘密の番人/Secretkeeper》。

 《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》や《アージェントの従騎士/Argent Squire》なら、こちらも対抗出来る。また、2ターン目の《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》は、ハンターには4点の打点を出す方法が《獣の相棒/Animal Companion》のミーシャ・ハファーしかないので、有効な手段だった。

 

 

 シャーマンが多い時期だったので、《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》をどうケアしていくかを考えながら、プレイする。その他のミニオンも断末魔持ちが多く、残ると厄介なものがたくさんいるので、「丁寧に除去してくのか? or ライフを削っていくのか?」手札を見て、判断していきました。

(先攻) 《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》《アージェントの従騎士/Argent Squire》なら相手の1マナミニオンを倒せる可能性がある。断末魔を持つ《炎魔コウモリ/Fiery Bat》を出されても、1点ダメージを本体か2マナミニオン、ヒロパトーテムで吸収出来る。《精霊の爪/Spirit Claws》も2ターン目に大きくなった秘密の番人を除去出来たり出来るので、いいかもしれない。

(後攻)《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》→コイン→《野獣の精霊/Feral Spirit》が決まると一気にこっちのペースで対戦が出来る。また、コイン→《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》も裏目があるけれど、強い動きのはず。

 

 おばあちゃんは放置していいのかもしれません。突っ込んで来ない時はただの1/1なので(;^ω^)

 ミッドレンジハンターはマナコストごとにミニオンを展開していくのが強いし、セオリーだと思うので、”サバンナ・ハイメン”が出てきても処理せずに顔面を叩きました。  相手も武器でこちらのミニオンを殴ってくるので、両者、ライフがギリギリになることが多かったです。挑発で1ターン遅らせたり、相手の呪文をミニオンに吸収させたりして延命して勝ちを目指す。自分のライフが1点でも相手のライフが0なら自分の勝ちだと思って闘いました。

 

 

☆シャーマン

f:id:JINBEE:20161123203343p:plain

《アグロシャーマン》爪型とドゥームハンマーを使用するタイプの2種類
《ミッドレンジシャーマン》除去が多く、不利
《トーテムシャーマン》トーテムシナジーを利用したミッドレンジ型のシャーマン。 《進化シャーマン》”進化”をしてくるので、横展開がすごい。
《ドラゴンシャーマン》よく分からない(;^ω^)  
《ミッドレンジシャーマン》《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》や《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》を使用して同じように動いてくるので、1ターン目、2ターン目で負けないように盤面を優勢にしていくことを意識しました。

 

《ミッドレンジシャーマン》の数が多かった時期でもあるので、全体除去を打たれることを前提に対戦を進めた。

 

 

(先攻) 《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》を出したい。《精霊の爪/Spirit Claws》もあるなら装備して、2ターン目に備えたい。返しで《ライトニングボルト/Lightning Bolt》や《岩穿ちの武器/Rockbiter Weapon》での除去をしてくるパターンも多いので、《アージェントの従騎士/Argent Squire》の方が優先かもしれない。《アージェントの従騎士/Argent Squire》であれば、3点出せる呪文と合わせて、相手の《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》を除去出来る。

(後攻)  相手よりも《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》を急いで出したい。また、2ターン目の《タスカーのトーテム師/Tuskarr Totemic》も強い。《野獣の精霊/Feral Spirit》は、盤面を取れないことが多いので、気軽に打てない。しっかり盤面を取ることも意識して初動する。

 フレンドさんからもご指摘頂きましたが、《ミッドレンジシャーマン》が主流となった時期に《アグロシャーマン》でレジェを目指すのは、辛いことだと思います 笑。  もう少し早めに《アグロシャーマン》でランク戦をやっていたらよかったのかも…  後半になってから、《ミッドレンジシャーマン》との闘いにも勝てるようになりましたが、かなり辛いマッチアップでした。「全体除去が多い」「こちらのミニオンに”呪術”を使用されてしまうこと」隙を見つけて押し切るようにしました。

 また、《地底よりのもの/Thing from Below》を《炎まとう無貌のもの/Flamewreathed Faceless》よりも先に出すようにしました。《呪術/Hex》に使用してほしいので。《アグロシャーマン》でも《呪術/Hex》1枚採用している場合があるようです。3マナでカエルにされてしまうのはきついので、ケアを常に考えて大型ミニオンを使用しました。  スクリーンショット 2016-09-27 20.29.52.pngスクリーンショット 2016-09-27 20.32.51.png  上記のような場面でかなり悩みました。  どちらも勝利することが出来ましたが、爪型の《アグロシャーマン》や《ミッドレンジシャーマン》の呪文ダメージを上乗せする《アジュア・ドレイク/Azure Drake》などの処理です。《炎まとう無貌のもの/Flamewreathed Faceless》や《地底よりのもの/Thing from Below》などはスタッツが高いため、相手に処理を投げてもいいのかもしれません。そちらのほうが与えられるダメージが大きくなる場合もありますので、残りの山札と手札と相談して除去するか決めていきました。

 

ドルイド

スクリーンショット 2016-10-05 16.07.32.png 《トークンドルイド》様々なバリエーションがあるので、予想しながら戦った。
《マリゴスドルイド》有利だが、ヨグサロン・巨人に気をつける。
《クトゥーンドルイド》テンポをかなり取ってくるので、きつい。
《ビーストドルイド》バフがかかったミニオンなどを丁寧に処理する。

 

(先攻) こちらが先攻ということは、相手がコイン→《練気/Innervate》→《ファンドラル・スタッグヘルム/Fandral Staghelm》or 《古代地の番人/Mire Keeper》 or 《ヴァイオレット・アイの講師/Violet Teacher》などを出してくる可能性がある。3/5を倒せる算段を考えて行動する。

 2ターン目の《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》→《ライトニングボルト/Lightning Bolt》とか。マナ加速は脅威だけれど、序盤にしっかりこっちの布陣を固めて勝ちたい。

(後攻) 《なぎ払い/Swipe》《星の雨/Starfall》などの全体除去を考慮しながら闘う。《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》も1枚で除去出来るカードが少ないので、1ターン目でも有効だった。《妖獣の激昂/Feral Rage》は除去や守りもやりやすいドルイドだが、3ターン目コイン→《炎まとう無貌のもの/Flamewreathed Faceless》が強かった。マリガンで《炎まとう無貌のもの/Flamewreathed Faceless》をキープした。

 

 一時期は勝率80%もあったドルイド戦ですが、レジェンドに近くなったランク帯で勝率が落ちました。有利なマッチアップだと思いますが、《希望の終焉ヨグ=サロン/Yogg-Saron, Hope's End》やコイン・《練気/Innervate》からのヤクザムーブにかなり困りました。それでも序盤は好き勝手に出来ることが多いと思うので、ゴリ押せばなんとか行けるのでは?と思っています。

 

 

 

☆ウォーリア

スクリーンショット 2016-10-05 16.19.32.png  この時期は本当に《コントロールウォーリア》が多く、《ドラゴンウォーリア》とはあまり戦った印象がありません。最後になるつれて、辛くも勝てることも増えたので、不利マッチとしては経験を積めたかなと思っています。《ドラゴンテンポウォーリア》よりも《コントロールウォーリア》の方が受動的に動くので、自分の形にはもっていきやすかったです。

(先攻)(後攻)  不利マッチで除去が多いウォーリアをどうやって倒すかと考えて初動を始めました。2マナの《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》が強いので、出来るだけ斧を振らせるようにしました。《アージェントの従騎士/Argent Squire》や《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》は一度に除去されないミニオンなので、意識してマリガンで求めます。コインが手元にあるなら、”野獣の精霊”を使用して相手を困らせます。稀に”トンネル・トログ”が生き残る場合があり、その時は大きく育ててダメージを狙いました。

 《コントロールウォーリア》に関しては、《ドゥームハンマー/Doomhammer》+《岩穿ちの武器/Rockbiter Weapon》=10点、呪文ダメージを出せるようにして一気に削りきるように意識して闘いを進めました。あとはヒーローパワーを多用せずにミニオンの数を制限しながら、《乱闘/Brawl》に備えて、ミニオンの大きさで攻めました。《溶岩爆発/Lava Burst》が2枚手元に来た時に、勝ったケースが多かった気がします。

 

 

☆メイジ

スクリーンショット 2016-10-05 16.31.46.png  メイジは《テンポメイジ》がほとんどで《フリーズメイジ》と闘うことは稀なことでした。最後のレジェ行きを賭けた最終戦はフリーズメイジだったのですが…(;´Д`)  五分のマッチアップだと思います。《フレイムウェイカー/Flamewaker》《フレイムストライク/Flamestrike》にどう対抗するかを考えながら闘いました。

 負けた試合の60%くらいは《希望の終焉ヨグ=サロン/Yogg-Saron, Hope's End》ので負けてしまっているので、ナーフ後はもしかしたら、闘いやすいかもしれません。

 

(先攻) 《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》をマリガンで求めて、展開する。チャイナテンポも数が多かったので、《メイルシュトロームのポータル/Maelstrom Portal》も余裕があればキープしました。

 メイジのミニオンはヘルス2のミニオンが多いので、ポータルで一掃することが出来ます。また、フレイムウェイカーに対抗する手段を考えながら、《ライトニングストーム/Lightning Storm》も呪文ダメージ+1で4点出せるため、キープしました。

 

(後攻) 7ターン目の《フレイムストライク/Flamestrike》は横展開をしっかりしていきます。《タスカーのトーテム師/Tuskarr Totemic》を早めに出して、また、自分のライフを様子がまだ射程圏外なら《ドゥームハンマー/Doomhammer》でも除去しやすい相手だと思います。1ターン目の《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》も呪文ダメージを上乗せするミニオンがいなければ、かなり有効な手段でした。

 1:1交換するのが得意なメイジですが、《炎まとう無貌のもの/Flamewreathed Faceless》《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》などは補助がなければ、除去手順が増えるミニオンなので、そういったものを優先して展開していきました。

 《アイスブロック/Ice Block》は脅威ですが、ミニオンで盤面をしっかり制圧していきました。相手の残り手札を数えながら、《カバル教団の魔道書/Cabalist's Tome》での補充などはありますが、どうやって、相手のカードを減らすかを念頭においてプレイしました。《ドゥームハンマー/Doomhammer》でミニオンを殴り過ぎると、自分のライフが相手の射程圏内に入ってしまうので、顔面を出来るだけ叩きます。秘策が張られてもケアをしっかりすれば勝ちやすい相手かもしれません。

 

 

☆プリースト

S30ーアグロシャーマン(対プリースト)  プリーストに関しては…対戦回数が他のヒーローに比べて少なく、未だに自分でも闘い方を掴みきれていません。現環境である程度動きは予想出来るが、どう戦えばいいのか分からないヒーローです。  勝率を見る限りは五分なのですが、対プリーストに関してはこれからの練習だなと思っています。闘う場合は、ガンガンプレッシャーをかけていきました。それでよかったのかな?

 

 

☆ローグ

S30ーアグロシャーマン(対ローグ)  ローグは、今回のランク戦で最も勝率が高かったヒーローです。

 ヒーローパワーでミニオンを除去してくれるケースが多く、ライフを圧迫しながら、プレッシャーをかけることが出来ました。ただ、《昏倒/Sap》や《ナイフの雨/Fan of Knives》などこちらのデッキに刺さるカードも多いため、慎重にプレイするように心がけました。

《テンポローグ》たまに盗まれるカードによって、被害が甚大になる時があるので、手札の枚数を気にする。
《ンゾスローグ》断末魔持ちは、あまり処理せずに顔面にダメージを叩き込む。
《ミラクルローグ》回り始める前に勝負をつける。
《マリゴスローグ》一度、《バーンズ/Barnes》→《マリゴス/Malygos》→《段取り/Preparation》→《ナイフの雨/Fan of Knives》をやられた。

 

(先攻) 相手にコインが渡ってしまっているので、コイン→”???”のプレイに気をつけて、プレイしました。一気にテンポを取られる可能性があるので、《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》も慎重に出す。

(後攻) 横並びの相手には除去手段が限られるので、横並びを意識してプレイする。オーバーロード持ちのミニオンは、コインから早出しすると”昏倒”させてしまうので、次のプレイを考えてからコインをプレイする。

 勝率が高くても、ライフはそこまで安心出来るレベルではなかったと思います。《テンポローグ》は自分よりも使用出来るカードが多いので、そこを意識して「リソースを削るのか? or ライフを削るのか?」を考えてプレイをしました。といっても、ライフを削った方が勝てる可能性があるので、手札の枚数を気にしつつも顔面を殴ることをしっかりとしました。

 

 

ウォーロック

S30-アグロシャーマン(対ウォーロック)  ウォーロックで最も多く対戦したのは、《ZOO》。

 最近ではディスカードシナジーを利用したデッキが流行っています。盤面の取り合いになることも多く、全体除去をこちらも積んでいるとは言え…《インプ・ギャングのボス/Imp Gang Boss》や突然手札から出てくる《銀食器ゴーレム/Silverware Golem》など対応しづらいミニオンが多いです。

 対戦した感じは、五分ですが、単純なミニオンのパワーではZOOの方が勝っているような気がします。ヒーローパワーでライフがなくなっていくことを考慮しながら、対戦では顔面を叩きました。「あと1枚引いてくれれば!」相手にそんなことを考えることが多かったです。

 

(先攻) ウォーロックではZOOということを予想してマリガンをしました。1ターン目に出てくるミニオンで《炎のインプ/Flame Imp》や《ヴォイドウォーカー/Voidwalker》はこちらの1マナミニオン1体では打ち取ることが出来ません。《ライトニングボルト/Lightning Bolt》と《岩穿ちの武器/Rockbiter Weapon》を使用することを考えます。

 2ターン目で確実に打ち取ることを意識して、1ターン目の初動を考えます。《鬼軍曹/Abusive Sergeant》は《炎のインプ/Flame Imp》と相打ち出来るミニオンでもあるので、1ターン目でもプレイしました。

(後攻) コインを使用出来るのでは、《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》をプレイ出来るように意識しました。ただ、相手の《魂の炎/Soulfire》で焼かれることもあるので、そこは気をつけます。

 《メイルシュトロームのポータル/Maelstrom Portal》や《ライトニングストーム/Lightning Storm》が手札にある場合は、呪文ダメージを上乗せして、盤面をひっくり返すチャンスを狙いました。

 《ドゥームガード/Doomguard》など盤面をしっかり奪ってくるZOOとは、ガチンコの殴り合いだったと思います。しっかりと盤面を優勢にすることが勝利につながると思ったので、その点を意識してミニオンや武器で盤面を取りました。ナーフ後の環境もZOOは強いと思うので、いづれ研究してみたいです(^^)

 

 

パラディン

S30ーアグロシャーマン(対パラディン)  パラディンは《コントロールウォーリア》が流行しているせいか、《鯛罪パラディン》が多かったです。除去も多く、盤面をキレイに掃除されてしまうことも多々あったので、《ドゥームハンマー/Doomhammer》を握って、一気にダメージを出すことを意識しました。回復も出来るデッキですので、「勝った!」と思っても直前に20点近く回復され、負けた試合もあります。

 

(先攻)(後攻)  手札にミニオンを貯めつつ、強いミニオンを展開するようにしました。《ドゥームハンマー/Doomhammer》もハリソンで壊されることも多かったので、迂闊に武器をつけることも出来なかったように思います。対パラディンは練習不足です。  《終末予言者/Doomsayer》の返しにどう対応出来るかが大切なような気がしています。《炎の舌のトーテム/Flametongue Totem》があれば対応出来ることもあったので、スペルよりもそういったミニオンで対応しました。難しいマッチアップでした(;^ω^)

 

 

 

【思ったこと】

 S30の残り30分くらいでレジェンドに滑り込み、初レジェンドを達成しました。249戦141勝108敗という成績は、本当に低い勝率で誇れたものではありません。最後のフリーズメイジと対戦した時、ドキドキして戦法を間違えていないかと…とても緊張しながら対戦しました。

 フレンドさんが観戦してくれていて、「何かあったら、言ってください!」と声をかけてくださって、本当に嬉しかったです。レジェ到達した瞬間に、何人ものフレンドさんから温かい言葉を貰えて、本当のことを言うとレジェンドになったことよりも、そっちのほうが何倍も嬉しかったような気がします。

  ブログを書いて振り返ってみると…数を回してレジェンドに到達出来たので、未熟な点や理解度が足りていない部分がたくさんあることに気が付きました。

 購読しているブログの方が辛口で「レジェンド/ランク5になるためにすべきこと」を書いていて、参考にさせていただきました。「ランク5まで行けるのに…その先にはいけない」ずっと考えていたことですが、今回でなんとか一歩進めた気がします。

 どちらかと言えば、デッキを浮気してしまう気性の自分です。「強い!」と評判になったら、そのデッキを使いたくなりますし…でも、同じ構成で何度もデッキを回したのは今回が初めてで、理解度が足りなかったということに気がつくことが出来ました。  このゲームは「勝ったり、負けたり」します。

 負けたら嫌ですが…シーソーのように繰り返すのが常です。運も絡むかもしれません。でも、自分がデッキや対戦相手のことを理解したら、勝ちに近づくかもしれないゲームだと思います。

 SNS等で交流が出来たフレンドさんたちは、顔も見たことがない人たちです。でも、そんな中で「HearthStone」という共通の話題で盛り上がることが出来て、最高に楽しいです。いづれ会ってみたい!

 ”大人”としての節度や礼儀は大切ですが、共通の何かをやり合える友達が出来て、本当に楽しくなりました。色々な人と交流してみたくて、ブログも立ち上げてみました(^^)自分は弱いですし、プロでもありません。でも、自分なりにこのゲームを楽しんでいこうと思います(`・ω・´)  今月もレジェンドに挑戦していきます。デッキの浮気はほどほどにして…今月は「勝率」を上げれるように頑張ります。社会人なので、時間は限られますが、出来る限り楽しんでいきます(^^)

 

 また何かあれば、ブログ書きます(^ω^)では、また(^_^)/~

【挨拶・前ブログ引用】はまってしまった…

その他

 このブログに遊びに来て頂いてありがとうございます。

 

 『Hearthstone』にはまってしまい…9ヶ月。

 カードゲームは、MTGを高校生くらいまで熱中したものの…その後はゲームやカードから離れていました。大人になってから、こんなにハマってしまうとは思わず、毎日カードを眺めています。

 

 情報を集めたくて、攻略サイトを読み漁り、Twitter上でもアカウントを作成しました。スタンダード導入、旧神のささやき・カラザンが導入され、毎日ランク戦の雰囲気が違います。サイトやSNSでは、色々な情報が飛び交い、自分の記録を残しておきたいとブログを始めてみました。

 Twitterやフレンド申請などでも交流が増え、同じように『Heathstone』を楽しんでいる人たちと交流してみたいと思っています。

 

 

 今までの自分のことを振り返ってみると下のような感じになります。

=2016年=

(1月) 「Heathstone」を友達から教えてもらい、始める

(2月) 「スタンダード形式」(使用出来るカードが制限される)の導入を知り、無課金で地道にカードを集める。

(3~4月)スタンダード導入から「もっと楽しみたい!」と思ったので、"旧神のささやき""各種アドベンチャー"へ課金  

(4月) コントロールパラディン ランク9

(6月)ミッドレンジハンター ランク4

(7月)トークンドルイド(灯火型) ランク4

(8月)トークンドルイド・ミッドレンジシャーマン ランク4

(9月)トークンドルイド・マリゴスドルイド・アグロシャーマン 初レジェンド達成

 

 

 この間に日本選手権を観戦したり、各種大会にも参加してみました。まだまだ弱いですが、交流も広がってきて、様々な人たちとHeathstoneの話が出来て、とても楽しいです。

 次の目標は「大会にもう何度か参加すること」「今月もレジェンドに到達すること」です。

 

 スタンダード導入と共に課金したので、前環境はよく分からないことが多いですが…自分のメモ代わりにブログを更新出来たらいいなと考えています。

 よろしくお願い致します。

PC・スマ−トフォンで楽しめるストラテジーカードゲーム『HearthStone』のコミュニティ《ノズドルム祭祀場》(Nozdrmu Ritual Field)のWibサイト。
※コミュニティ運営者・Gyossanのブログとコミュニティの報告の兼用サイトとなっております。