読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来世では…ハチミツください(・ω・)

PC・スマ−トフォンで楽しめるストラテジーカードゲーム『HearthStone』のコミュニティ 《ノズドルム祭祀場》(Nozdrmu Ritual Field)のWibサイト。※コミュニティ運営者・Gyossanのブログとコミュニティの報告の兼用サイトとなっております。

〜INTRODUCTION〜

PC・スマ−トフォンで楽しめるストラテジーカードゲーム『HearthStone』のコミュニティ《ノズドルム祭祀場》(Nozdrmu Ritual Field)のWebサイト
※コミュニティ運営者・Gyossanのブログとコミュニティの報告の兼用サイトとなっております。
※只今、サイト工事中です。


=ノズドルム祭祀場=
 レジェンドランクに到達したことがない人たちが「初レジェンド」を目指して情報交換や練習を行っているSkypeのコミュニティ。
Twitterでの情報収集や各種翻訳記事、戦歴の情報分析を活動にしています。
大会形式の練習や酒場の喧嘩で楽しむなど、各人がそれぞれ自分の楽しみ方でコミュニティを活用しています。
※現在、メンバー募集は行っておりません。

【コミュニティ報告2】秘策ハンターの勉強会資料

 2016年10月30日(木曜日)にランク戦で猛威を奮っていた”秘策ハンター”に関する勉強会をした。今回の”秘策ハンター”は、やまっぽさんが使用したものでAsia最高105位まで登ったデッキ。

 

やまっぽ(Twitterアカウント:↓↓)

twitter.com

 

秘策ハンター勉強会

 

f:id:JINBEE:20161124060929p:plain 

(デッキレシピ)

 

カードの各種説明

《秘密の番人/Secretkeeper》
 秘策によって大きくなるミニオン。ミラーマッチにおいては、相手の秘策でも成長する。先出しして置くと有利になる。


《追跡術/Tracking》
 シークレットハンターのドロー枠。手札消費が激しいため、2枚採用。また、《バーンズ/Barnes》によるミニオンの選定に使用出来る。

 

《やさしいおばあちゃん/Kindly Grandmother》
 断末魔の要因。


☆秘策各種
《凍結の罠/Freezing Trap》
 →ミニオンを手札に戻し、テンポをとる。
《帽子から猫/Cat Trick
 →呪文から飛び出る4/2隠れ身。AoEをすり抜けてくることもある。
《爆発の罠/Explosive Trap》
 →横並びミニオンに対して
《狙撃/Snipe》
 →ヘルス4以下ミニオン対して有効。


《速射の一矢/Quick Shot》
 3点出せる呪文。手札がない場合には、有効なカードを引ける。


《イーグルホーン・ボウ/Eaglehorn Bow》
 秘策とコンボし、実質3マナ以上の動きをする武器。カードバリューを引き出していきたいカード。


《必殺の一矢/Deadly Shot》
 ランダムにミニオンを仕留める呪文。
 大型ミニオンを警戒した。ドルイドの《戦の古代樹/Ancient of War》に刺さる。《狩人の狙い/Hunter's Mark》も採用してみたが、テンポロスをするために不採用。
 ローグにも相性が良く、《隠蔽/Conceal》を使用されてもこの呪文は刺さる。リーサルを逃れる場面も。


《殺しの命令/Kill Command》
 3点として打てるが、獣がいると5点になって打てる。《やさしいおばあちゃん/Kindly Grandmother》や《帽子から猫/Cat Trick》等の獣とシナジーがある。


《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》
 相手がリーサルを決めて来そうな場合、残しておくと危険なミニオンが来たら処理をしっかりする。相手のライフが少なく、手札に火力があれば顔面を殴る。手札事故になった場合に、盤面のコントロールを行う場合もある。


※《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》+《爆発の罠/Explosive Trap》
 シークレットハンターと相性の悪いZOOへの対策。相手が手札を使い切って、並べてきた時などに一気に盤面を取れる。「ハンターにはAoEがない、盤面を取れば勝てる」というイメージがあるので、《バロン・ゲドン/Baron Geddon》を採用してみたが、このデッキには重く、向いていなかった。

 

《獣の相棒/Animal Companion》
(ハファー)相手のライフにプレッシャーを与える。
(ミーシャ)ミニオンを守る壁。
レオック単体だとハズレだが、《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》や《やさしいおばあちゃん/Kindly Grandmother》などを強化している。


《覆面の女ハンター/Cloaked Huntress》
 シークレットハンターの要。3マナ以上の動きをする。たくさんの種類の秘策を貼ることが出来たら、そのゲームで有利になれる


《バーンズ/Barnes》
 各種ミニオンシナジー。ハズレがこのデッキにいない。断末魔ミニオンや《炎の王ラグナロス/Ragnaros the Firelord》などのシステムミニオン


《サバンナ・ハイメイン/Savannah Highmane》
 断末魔を持つミニオン。相手の処理が難しいミニオンである。


《シルヴァナス・ウィンドランナー/Sylvanas Windrunner》
 断末魔を持つミニオン。《バーンズ/Barnes》から登場し、相手のミニオンを奪うことも。


《炎の王ラグナロス/Ragnaros the Firelord》
 8マナ域の強いミニオン

 

 

 

非採用となったカードについて

《蝕まれしオオカミ/Infested Wolf》
 他のカードのマナ域の競争具合。また、断末魔の蜘蛛1/1も除去が多い環境では頼りない。

 

《ハリソン・ジョーンズ/Harrison Jones》
 5マナは重い。

 

《ヘビの罠/Snake Trap》
 AoEが溢れる今の環境では弱いと考えた。

 

 

気になったマッチアップのマリガンについて

ミッドレンジシャーマン(55:45)

先攻:
1ターン目《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》《精霊の爪/Spirit Claws》
2ターン目《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》
→《秘密の番人/Secretkeeper》《凍結の罠/Freezing Trap》


後攻:
1ターン目《トンネル・トログ/Tunnel Trogg》《精霊の爪/Spirit Claws》《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》
→《狙撃/Snipe》
 そのため、《凍結の罠/Freezing Trap》 or 《狙撃/Snipe》が刺さる。


 相手が1ターン目に何も出さずエンドした場合でも、コイン→秘策をいいかもしれない。スルーされても《炎の舌のトーテム/Flametongue Totem》や《マナの潮のトーテム/Mana Tide Totem》などのヘルス4以下のミニオンに刺さる。


《サンダー・ブラフの勇士/Thunder Bluff Valiant》などは《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》などで、ヘルスを調整して倒すことも。

 

テンポメイジ

 テンポメイジの場合は、《狙撃/Snipe》《凍結の罠/Freezing Trap》は流すことが多い。手札に《秘密の番人/Secretkeeper》《覆面の女ハンター/Cloaked Huntress》秘策などがあったら、キープする。

 《イーグルホーン・ボウ/Eaglehorn Bow》などもキープすることが多い。ヘルス3以下のミニオンを除去出来ることが多いから。
 ウォーターエレメンタルなどのヘルスの高いミニオンは、《必殺の一矢/Deadly Shot》で除去している。

 

 

 

 【コミュニティ考察】

 この時の勉強会では、どちらかと言えば”ミッドレンジ型”の秘策ハンターの検討が行われていました。現在は”フェイス型”の秘策ハンターが主流のようですね。

f:id:JINBEE:20161124101229j:plain

 勉強会の際は、こちらのデッキレシピも検討を行いました。

 

 各種ガイド記事や考察も増え、面白いですね!

 新環境後は、ハンターは強そうなカードがたくさんありますが、どのように環境が変化してくのか、楽しみですね(^^)

 

PC・スマ−トフォンで楽しめるストラテジーカードゲーム『HearthStone』のコミュニティ《ノズドルム祭祀場》(Nozdrmu Ritual Field)のWibサイト。
※コミュニティ運営者・Gyossanのブログとコミュニティの報告の兼用サイトとなっております。