読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来世では…ハチミツください(・ω・)

PC・スマ−トフォンで楽しめるストラテジーカードゲーム『HearthStone』のコミュニティ 《ノズドルム祭祀場》(Nozdrmu Ritual Field)のWibサイト。※コミュニティ運営者・Gyossanのブログとコミュニティの報告の兼用サイトとなっております。

〜INTRODUCTION〜

PC・スマ−トフォンで楽しめるストラテジーカードゲーム『HearthStone』のコミュニティ《ノズドルム祭祀場》(Nozdrmu Ritual Field)のWebサイト
※コミュニティ運営者・Gyossanのブログとコミュニティの報告の兼用サイトとなっております。
※只今、サイト工事中です。


=ノズドルム祭祀場=
 レジェンドランクに到達したことがない人たちが「初レジェンド」を目指して情報交換や練習を行っているSkypeのコミュニティ。
Twitterでの情報収集や各種翻訳記事、戦歴の情報分析を活動にしています。
大会形式の練習や酒場の喧嘩で楽しむなど、各人がそれぞれ自分の楽しみ方でコミュニティを活用しています。
※現在、メンバー募集は行っておりません。

【コミュニティ報告3】新拡張のデッキ検討

その他 コミュニティ報告

 皆さま、ハーストーン楽しんでいますか?

 自分たちは、新拡張が実装され…さらに楽しい時間を過ごしています。昨日の8:00に新拡張が実装され、みんなでパックを剥いて様々な検討をしましたので、ブログに掲載したいと思いました。

f:id:JINBEE:20161204134011p:plain

(Gyossanはゴヤ婦人が出まくって、なんとも言えない気分に…)

 

 もちろん、自分たちの好き勝手な意見と偏見とグダグダの話の中の出来事ですので、適当に見ていただけると嬉しいです。

 

事前情報

 先月はシャーマンストーンと揶揄されるほどの”ミッドレンジシャーマンのシーズン。

 新拡張が実装され、このような現状がどう移り変わるのか?とても興味深い今シーズンとなりました。シャーマンは…一体どこまで勢力を伸ばすのか?そして、新しい形のデッキは発見されるのか?心がウキウキしてしまう実装です。

 

 事前のカード発表において…注目されていたのは、プリースト。

 ティアーの下位に位置してたヒーローですが、新カードの登場により”ドラゴンプリースト”が強化されると言われています。また、ハンライダー系のデッキが注目され、レノロックやレノメイジなどコントロールで使用されるようなAoEが追加されました。このようなカードがどのような形に作用していくのか、とても楽しみな環境となっています。

 

 すべてのカードを手に入れた訳ではありませんが、自分たちで組めたデッキや使用感について考察を書いていこうと思います。

 

試用しているデッキ集

海賊ウォーリア・海賊ローグ

 以前からあったデッキタイプですが… 《海賊パッチーズ/Patches the Pirate》や《ちんけなバッカニーア/Small-time Buccaneer》で強化された印象。とても早い!5-6ターン目にゲームが終わることも。

f:id:JINBEE:20161204125358p:plain f:id:JINBEE:20161204125443p:plain

(1ターン目から出てくる海賊たち)

 

 1ターン目から”海賊”を展開すれば、デッキの中から大砲と共に海賊パッチーズ/Patches the Pirate》が飛び出てくる。0マナ1/1突撃が稼ぐ1点~2点が地味に中盤に相手のライフを圧迫します。ローグであれば《集合の合図/Gang Up》を試用して、一気に盤面に並べられます。

 挑発を持たないデッキや除去が追いつかない相手では、本当何もせずにゲームを終わらせることが出来るので、ランク戦を回数回せそうです。

 

 《ホバート・グラップルハンマー/Hobart Grapplehammer》も当たったので採用してみました。今は「抜いてもいいのでは?」という気持ちですが、コイン→このカードだと2ターン目の《烈火の戦斧/Fiery War Axe》が4/2になるので、意外に便利な時があります。《アップグレード!/Upgrade!》等と使用出来ると、かなり有利に…ただ、海賊シナジーを持たないこと、2ターン目に海賊を出したいことを考えるとリストラ候補でした。

 アグロデッキとして、居残りそうなスタイルのデッキです。

f:id:JINBEE:20161204125641p:plain

(Gyossanが回しているのは、こんな感じ)

 

ドラゴンプリースト

 環境の中心になるだろうと予測されているデッキ。《ドラコニッド諜報員/Drakonid Operative》が能力おかしいことで話題になりました。前評判の高かったデッキですが、やはりコヤツは使用されると相手をぶん殴りたくなる性能でした。

 5/6というスタッツも協力ですが、相手のデッキから発見するって…泥棒です。

 

 《カバールのカギ爪のプリースト/Kabal Talonpriest》が強い!3マナ3/4って環境にあまりいないスタッツです。《トーテム・ゴーレム/Totem Golem》くらいだった厄介なスタッツのミニオンが3ターン目に味方を強化してやってきます。後半に引いてきても味方を生き残らせる使い方が出来るので、厄介なミニオンですね。

 

 現在、人気になりそうなデッキスタイルですが、プレイングを確立出来ていない人が多いこと、対プリースト戦の慣れがあまりない人が多いので、要練習って感じの印象でした。

 

翡翠

 シャーマン、ローグ、ドルイドの使用出来るマルチクラスの特性。翡翠のゴーレム。召喚する度にスタッツが上昇していきます。4/4以上が並ぶこともざらにあるデッキタイプですが…プレイングやデッキの方向性が難しいような印象を受けました。

ドルイド

 マナ加速し、翡翠のゴーレムを並べていく。ハマると本当にヤクザ。コントロールデッキに対するカウンターとなるデッキタイプです。ただ、手札の消費が激しいので、プレイの練習や採用カードについての考察が必要だなという話になりました。《ガジェッツァンの競売人/Gadgetzan Auctioneer》の重要性が高まった気がしますし、翡翠のゴーレムを召喚するギミックの他になにか混ぜたい所です。

シャーマン

  前環境では、その猛威を奮ったシャーマン。今季もアグロ~ミッドレンジ~コントロールと様々なデッキタイプが考察されそうです。トーテムを並べるだけではなく、ゴーレムを並べるようになると…本当つらい^^;

 現状ではアグロ型とミッドレンジ型、《進化/Evolve》を使用したタイプなどが見られるようです。また、少し翡翠系を混ぜたコントロールシャーマンもいるみたいですね。コミュニティの中では、《退化/Devolve》使用したいと色々と考えている人がいるようです。

ローグ

 ”テンポ”を取っていく手段として、前環境のテンポローグに翡翠のゴーレムの要素を加えた形が考案されているようです。ただ、ゴーレムを召喚するためのカードが少ないので、どのような変化をしていくかは分かりません。海賊とゴーレムの要素を使用したデッキもあるみたいですね(´・ω・`)

 《海賊パッチーズ/Patches the Pirate》は、やはり強い。

 

ハイランダー

 ”カバール”に属するヒーローのデッキがハイランダー形式にて、様々考案しているようです。自分自身も”レノロック”も好きですし、”レノメイジ”でなにかしてみたいなと思い、考え中です。

f:id:JINBEE:20161204130758g:plain

ポーションを生成する能力が人気の《カザカス/Kazakus》)

 

ウォーロック

 ウォーロックは、コミュニティの中でもファンが多いヒーロー。ハンドロック、DHL、レノロックなど前環境でも使用した人が多いで、これからみんなで検討しそうなデッキタイプです。

 ”デーモン”シナジーを利用したりしている人もいて、人によって採用カードが異なるので、面白そうです!

f:id:JINBEE:20161204130600p:plain

(使ってみたかったけれど、パックから出なかった《枷を打ち砕きし者クラル/Krul the Unshackled》)

 

メイジ

 ハイランダー系の中でも、今までにあまり見られなかったデッキタイプ。自分も作ってやってみたのですが、コントロールデッキは難しいですね。自分の中でも構築を考えつつ、色々な情報やプレイを吸収したいデッキでもあります。

 

プリースト

 《縛鎖のラザ/Raza the Chained》を中心に据えたデッキになりそうなプリースト。通称”快感プリースト”。やってみたい気持ちもありますが、コミュニティの中では…少し検討は遅れそうな感じ。実際に作成するというよりは…情報を集める形になりそうですね。

 

その他

マーロック系

 《飛刀手流忍者・六丸/Finja the Flying Star》を中心に…パラディンであれば、アグロ系で《バイルフィンの異端審問官/Vilefin Inquisitor》を採用したり、シャーマンであれば《エラばれし我らにヒレ伏せ/Everyfin is Awesome》を据えたミッドレンジ型にしていくデッキタイプ。

 バーストダメージが出やすそうなデッキタイプですので、コミュニティでも色々試してみたいデッキタイプでもあります。

 

ハンター

 ノズドルム祭祀場において、”ミッドレンジハンター研究所”が組織されました。研究成果は、おそらくceuさんが後ほど書いてくれるかと(・´з`・)

 《ナックルズ/Knuckles》など面白そうなミニオンが追加されたハンター。手札バフをしかけてくるので、以前のミッドハンターと違い、マリガンやプレイに難しさがありますが、以前よりも多用なデッキ構築が出来るようになったような印象です。メタゲームでは、ハンターは少し影の薄いものになっていますが…デッキの検討をしていると強さを感じるポテンシャルがあります。

 これからのハンターに期待ですね(^^)

※追記

 ceuさんがハンドバフハンターについて紹介しています。

ceu4569hearthstone.hatenadiary.jp

 

挑発ウォーリア

 海賊やシャーマンなどに対抗するべく、様々な方が考案しているようです。

↓↓これはkolentoが配信で使用していたタイプ↓↓

http://www.hearthpwn.com/decks/686947-kolentos-taunt-buff-warrior-mean-street-of 

 自分自身は、こんな感じでやっています。

 海賊ウォーリアと対戦すると、相手が爆発してくるので面白いですね。挑発ミニオンをバフしつつ、最後には《ヴァリアン・リン/Varian Wrynn》を叩きつけるタイプにしてみました。プレイが難しいですが…

f:id:JINBEE:20161204132833p:plain

 

アグロパラディン

 このゲーム環境の中で注目している人が多いようです。自分もOTK要素を入れてやってみました。個人的にはシクレパラを作りたいのですが、考案中です。手札が尽きないので、一癖あるプレイをしなければなりませんが…とても楽しいですね(^^)

f:id:JINBEE:20161204133220p:plain

 

終わりに

 次の土曜日にコミュニティ内大会を開催することになりました。3ヒーローBO5です。コミュニティ内で様々な考え方の人がいる中でどんな戦いが繰り広げられるか…とても楽しみです。

 おそらく、自分は人読みされると…”コントロールシャーマン””何かのドルイド””ハンター”と予測されそうなので、予想されないようなデッキでコミュニティと戦おうと思います(`・ω・´)

 

 新環境が始まり、本当楽しい時間が過ぎていきます。今月もHearthStoneを楽しんでいきたいですね!

 読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

 

 

PC・スマ−トフォンで楽しめるストラテジーカードゲーム『HearthStone』のコミュニティ《ノズドルム祭祀場》(Nozdrmu Ritual Field)のWibサイト。
※コミュニティ運営者・Gyossanのブログとコミュニティの報告の兼用サイトとなっております。